読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不登校児の出来事

不登校児ならではの出来事や、思ったことを書いていきます。

学校を休んでいるときの時間の過ごし方。

母「朝から早く起きてえらいのね」

自分「起きてない寝てないだけ」

母「…」

 

おはようございます。こんな会話を毎日のようにしてます。そろそろ母にも分かってほしいですね。

検索履歴が不登校のことでいっぱい…このようなことは不登校あるあるなのではないでしょうか、

ネットにはいつもお世話になってます。

 

さて、さっそくはなしてしまうと、今私は今昼夜逆転の最中なのです。

理由を話すと、昼起きているのが怖くて仕方なく、寝てみんなが学校を下校する時間まで寝てしまう癖がついたのです。

 

みんなは普通に学校に行けている、私は学校に行けていない。普通じゃない。と

このようにマイナスなことにしか考えられなくなるのです。。。

 

起きられていても、辛くなるばかりで自分を傷つけてしまいます。

それか、スマホやゲームなど何か集中できるようなことをして気を紛らわせているのです。

そこで、私のような不登校の子が昼にゲームなどしていた場合、とらないで欲しいのです。

 

没収されると逆に悪化します。私はそうでした。

やることがなく、というか、やりたいことがなく、何も成し遂げることがなく虚しくなるのです。

少なくとも私はそうでした。

 

そこで私は提案したことを話します。

親と一緒に一緒にボードゲームや、ジグソーパズルをしたり、一人の場合はお菓子作りなどしたらいいなと思いました。

 

一時期おかし作りにはハマりました…いつも仕事で疲れている母にお菓子を作ってあげて喜ばせるのが嬉しかったのです。

 

お菓子なら自分もたべれるので、しかも成し遂げることができたという達成感があるので私は大好きです。家庭科の授業としてもいいですしね笑

下手くそだったとしても次はうまくできるようになろう!と、思えるように自然になっていきました。

 

それと、ジグソーパズルですが、これは難易度によって達成感が違います!

細かければ細かいほど大変ですが、やり終えたときの達成感といったらもうたまらないのです!

ボードゲームは達成感というより充実感がありますね。親とやると楽しいですし!

 

勉強はたまにやってみようかな…と思ったときにちょいちょいやってるぐらいです。

飽きたらやめていい、今日は集中出来ないっ!と切り分けてしまい、そこまで自分に無理をさせないようにしています。

 

でも、完全にやらないと罪悪感がある、という方もいると思います。

そういう時は家の周りを散歩したり、買い物に出かけるのがいいと思います。

体を動かすと、自然とポジティブに考えられます。

 

近所の目が気になる場合は、行かなくてもいいです。

外にちょこっと陽を浴びるぐらいでいいです。

それだけで結構、「今日は外出た!」と、目標を達成するような感覚でできます。

 

とりあえずいまは好きなことをやっていればいいと家族にも言われました。

私は本当に環境に恵まれています。